八尾市・大阪市住吉区(我孫子)の漢方薬局・命泉堂薬局

命泉堂薬局は漢方を主体とした自然薬専門の薬局です。

HOME > 薬 膳  > とまと
■ とまと



とまと.gif
寒熱・・・微寒  帰経・・・胃  季節・・・夏  五味・・・甘、酸

トマトにはリコピン、ビタミンA、B1、B2、B6、C、K、P、M(葉酸)、クエン酸、リンゴ酸、グルタミン酸などを豊富に含み、鉄、リン、カルシウムやカリウムなどのミネラを多く含みます。

リコピンとはトマトに含まれる赤い色素で、カロチノイドの一種です。ベータカロチンのように体内でビタミンAに変わることもないので今までは重要視されていなかったものですが、ここ最近になって、このリコピンに強い抗酸化作用があることが判ってきました。抗酸化作用は生活習慣病の予防に役立ちます。リコピンの抗酸化作用はビタミンEの100倍、ベータカロチンと比べても2倍強く、リコピンには細胞のガン化を防ぐ役割を持つ遺伝子を活性化する機能があると考えられています。またリコピンは胃がんの原因になるといわれるピロリ菌の増殖を抑制する作用があることがわかり、胃がんの予防が期待されています。

リコピンはトマトが太陽に当たって熟していくにつれて生成されるので、夏の太陽をしっかり浴びた熟したトマトを選びたいですね。またミニトマトには通常のトマトの2・5倍のリコピンが含まれているといわれます。

リコピンなどのカロチノイドは、油に溶けやすく、熱に対して安定していることから油でいためたり煮たりすることで吸収がよくなります。

ビタミンPは止血作用があり、ビタミンを助けて、コラーゲンの合成や毛細血管を丈夫にします。トマトには野菜の中で一番ビタミンPが多く含まれています。グルタミン酸はうまみ成分で、抗ガンや老化防止作用があります。

 クエン酸リンゴ酸はビタミンCの破壊を防ぎます。

m1-3-2-3.gif
 現代医学的効能

コレステロール降下作用・動脈硬化防止作用・・・トマトにはコリンとリンが含まれ、これらは体内でレシチンとなり、コレステロールを乳化して動脈硬化を予防します。

血圧降下作用・・・カリウムの利尿作用によります。

止血作用・・・トマトに含まれるビタミンPが毛細血管の血行を促進し、止血作用を持ちます。


m1-3-2-3.gif
 中医学的効能

生津止渇]=水分を補充し、渇きを止めます。

健胃消食」=食欲を高め、消化を促進します。

解暑清熱」=体にこもった余分な熱をさまして暑気あたりを解消します

涼血平肝」=血中にこもった熱を冷まし、肝の機能を回復します。

解毒」=毒を解消します。



 



トラックバック

トラックバックURL: