八尾市・大阪市住吉区(我孫子)の漢方薬局・命泉堂薬局-漢方療法-

命泉堂薬局は漢方を主体とした自然薬専門の薬局です。

下痢

下痢の症状

水分がふつうの便よりもはるかに多く、液状に近い状態(約85%が水分)になると下痢という。
食べ物の消化と吸収は、小腸で行われ、水分は大腸で吸収されるが、その過程で異常が
起きたときに下痢が起こる。

「下痢の症状」について、詳しくは…

下痢原因

急性下痢は大腸菌、赤痢菌、腸炎ビブリオ性食中毒、ウイルスなどによっておこる
急性の大腸の炎症(感染性下痢)や、食べ過ぎや水・アルコールの飲み過ぎ、
寝冷などによる消化不良性(非感染性下痢)が原因となっておこる。

慢性下痢は消化吸収障害、腸の慢性炎症、大腸粘膜の過敏、アレルギー性下痢などの
たくさん原因がある。これらの原因が重なりあって起こることが多い。

下痢対策

下痢の予防には、食べ過ぎや飲み過ぎを避けるなど、日頃の食事に気を付ける事が必要だが、
下痢を起してしまったら、早めに治す事が大切である。その時回復の助けとなるのが、
抗菌作用や整腸作用のある梅やハチミツ、ニンニクといった身近な食べ物だ。

また、「おなかの調子を整える」働きで知られている『オリゴ糖』は、腸内細菌の善玉菌を増やし、
悪玉菌を減らす作用により下痢に効果的といわれている。
下痢による脱水症状を防ぐために、緑茶やスープなど温かい水分を摂る事も必要である。
下痢がおさまった後は、半日か1日ほど絶食をして、消化の良いおも湯やおかゆなどの
流動食から始めるようにする。2~3日は、腸内細菌はまだ整っていないので油の強いもの、
香辛料の強いもの、アルコールは避けること。

dsa.gif

これらはほんの一例です。他にもたくさんの処方があり、使うお薬はその方の体質に合わせて選びます。  メール相談をご希望の方は問診表にお入りください