八尾市・大阪市住吉区(我孫子)の漢方薬局・命泉堂薬局-漢方療法-

命泉堂薬局は漢方を主体とした自然薬専門の薬局です。

更年期障害

更年期障害

40代半ばをすぎると女性ホルモンの分泌が減少し始めます。
女性ホルモンは女性らしい体を作るだけでなく、自律神経や脳、骨、血管などにも作用しています。
それが急に少なくなるのですからさまざまな症状が現れるわけです。

「更年期」とは、一般に45歳から55歳前後のほぼ10年間をさしますが、個人差があります。
この時期には次から次へといろんな症状が現われます。
これらの症状をおおまかに分けると、以下の4つに分類できます。

1-膣の乾燥、性欲減退など、卵巣機能低下による女性ホルモン不足の症状。
2-冷えとのぼせ、汗かき、ほてり、動悸など、自律神経失調と思われる症状。
3-不安感、落ち込み、焦燥感、不眠など、精神神経症的な症状。
4-頭痛、肩こり、血圧上昇、高脂血症、肥満など、血行不良からくる症状。

このように、更年期に起こる症状は単に卵巣機能の低下によるものだけではなく、
ストレスなども影響していると考えます。

中医学では、女性ホルモンなどの内分泌系の調節は「腎(ジン)」と関係していると考えます。
年齢とともに腎よる調節機能の低下(腎虚)がおこると、更年期特有の症状を誘発すると
考えるわけです。
一方、腎の衰えは、自律神経系をコントロールするとされる「肝(カン)」の衰えを誘発します。
これは中医学独特の「肝腎同源(カンジンドウゲン)」という考え方に基づくものですが、
腎の衰えが肝に及ぶと、これまではなんとも無かった、些細なストレスでもトラブルを受けやすくなり、
自律神経系の失調を起こし様々な症状が現れると考えています。
従って、更年期障害は肝、腎の機能低下を補い、体質を改善する治療と肝、腎の機能低下により
生じた症状を和らげる治療に分けて行います。

症状タイプ別の改善のしかた

1-女性ホルモン不足のタイプ
更年期年齢のため、卵巣機能が低下して女性ホルモンが減少しています。
肝腎を補い女性ホルモンの減少を和らげる効果のある、杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)、
瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)などが効果的です。
また、「冷え」が強い人は、腎を補い、温める力のある参茸補血丸(さんじょうほけつがん)が
オススメです。

2-自律神経失調のタイプ および 3-精神神経症のタイプ
これらのタイプは、ストレスや環境の変化が多く、自律神経や精神状態が不安定です。
肝の働きを高めて気血のめぐりを良くする、星火逍遥丸(せいかしょうようがん)、
抑肝散(よくかんさん)、 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)などが効果的です。
また、動悸や不眠がある場合は天王補心丹(てんのうほしんたん)を併用します。
一方、落ち込み、不安感があり不眠の場合は酸棗仁湯錠(さんそうにんとうじょう)を併用します。

4-血行不良のタイプ
このタイプは、年齢や生活習慣により血液がドロドロになっています。
血液をサラサラにする冠元顆粒(かんげんかりゅう)、
芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけつだいいちかげん)などが効果的です。

更年期障害の予防法と骨の強化法ついて

生理不順や無月経の方、婦人科でホルモン剤や排卵誘発剤を長く使った方は、
閉経を早く迎えることが多く見られます。
またストレスが多い方は、更年期症状が強く現れることが多いようです。
ですから、このような方は早い段階からの予防が必要です。
更年期障害の最大の要因は女性ホルモンの低下です。
ですから病院では女性ホルモンの補充療法を行います。

しかしホルモン剤は長期投与すると、乳癌、心血管疾患、脳卒中などのリスクが高まることが
知られており、予防には向かない治療法です。その点漢方薬は副作用が少なく、予防には最適です。
更年期障害は「血の道症」といわれるように、予防するためには生理不順を改善することが大切です。
気血を補い血行を良くして、生理不順を改善する効果に優れた婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)や
芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)が最適です。

さて、中医学では更年期障害の本質は「腎虚」と考えています。「腎虚」になると、
腎とつながりが深い骨、生殖、排尿、耳、歯、髪などに症状が現れます。骨が弱る、
ホルモン分泌が低下する、排尿障害(頻尿、排尿困難、夜間尿)になる、耳が遠い、歯や髪が抜けると
いう老化症状が現れるわけです。

「腎虚」は加齢とともに誰もがなりますので、早めの対策が効果的です。
腎を補う補腎薬は、女性ホルモンの分泌を高め、骨粗鬆症を防ぎ、排尿障害を改善し、
老化を防止することができます。代表的な補腎薬には六味丸(ろくみがん)、
杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)、瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)、八味丸(はちみがん)、
海馬補腎丸(かいまほじんがん)、参茸補血丸(さんじょうほけつがん)、胎盤エキスのオリジンPなどが
あります。体質に合わせて服用すると大変効果的です。

食品では大豆製品に含まれるイソフラボンが穏やかに女性ホルモンの分泌を高めることが知られて
います。積極的に大豆製品を取ると良いですが、食品からの摂取には限界があるといわれているので、イソフラボンのサプリメントであるイソフラボンアルファーの服用をお勧めします。
漢方薬は副作用がなく、症状改善のみならず予防にも効果的であるといえます。
更年期を乗り切り、生き生きとした人生を歩むためにも、適切な漢方薬の服用をお勧めします。

更年期障害

田七人参茶(60包) 30日分
血の流れを良くするとともに、止血効果ももつ、今話題の漢方です。上質の田七を使用して、飲みやすい細粒状に仕上げました。


冠元顆粒(90包入り) 30日分
効能・効果:中年以降または高血圧傾向のある人の次の諸症:頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸
説明:中年以降の方、高血圧傾向の方の多くには、血液の循環が悪くなり、頭痛,頭重,肩こり,めまい,動悸といった症状があらわれます。中国の漢方医学ではこのような状態にある人を「お血症(おけつしょう)」といい、血行を改善するために用いられるのが「活血化お」という方法です。冠元顆粒は丹参をはじめ、せんきゅう,芍薬,紅花,木香,香附子の生薬を原料として作られた中国の薬です。


血府逐お丸(720丸) 30日分
効能・効果:中年以降又は高血圧傾向のあるものの次の諸症:頭痛、頭重、肩こり、のぼせ、動悸
中国清代に著された「医林改錯」に記載されている血府逐淤湯という処方に基づく漢方製剤で、血の流れを活発にして淤血を改善する「桃紅四物湯」に、体の気の流れをよくする「四逆散」を配合しています。背中や肩、首の張ったような凝りや痛み、頭痛、胸部の張った痛み、など特にストレスによる淤血の諸症状に効果があります。気と血の停滞を解消し、軽く感じる体にしましょう。


桂枝茯苓丸(570丸) 約24日分
「桂枝茯苓丸」は、漢方の原典「金匱要略(キンキヨウリャク)」に収載されている薬方で骨盤内の末梢血流を調節することによって、生理の痛み、生理不順などの症状に効果があります。また血行を良くすることによって、打ち身やしもやけ、しみなどにも効果があります。


婦宝当帰膠(300ml 30日分
効能・効果:更年期障害による下記疾患: 頭痛、肩こり、のぼせ、めまい、耳鳴り、貧血、腰痛、腹痛、冷え性、生理不順、生理痛
特徴:本品は当帰を主薬とし、十全大補湯という漢方の処方を基にしています


開気丸300丸 (20日分)
効能・効果:胃腸疾患に伴う次の諸症状:はき気(むかつき、胃のむかつき、嘔気、悪心)、胸つかえ、腹部膨満感、腹痛、胃痛、食欲不振、消化不良、下痢。腹部膨満感を伴い繰り返し又は交互に現われる下痢及び便秘。
特徴:ストレスなどの影響による各種の不調に対応する、12種類の生薬からなるエキス剤です。


星火逍遙丸(540丸) 30日分
効能・効果:冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症
特徴:宋代の「太平恵民和剤局方」に収載された「逍遥散」に基づいて製剤化したエキス丸薬で、更年期障害、血の道症、月経不順、月経困難などに用いられます。


瀉火補腎丸(720丸) 30日分
効能・効果:れやすく、顔や手足がほてる傾向にある人の次の諸症:倦怠感、足腰の無力感、腰痛、手足のほてり、のぼせ、顔面紅潮、口渇、頻
特徴:瀉火補腎丸の『瀉火』は熱症状をとること、『補腎』は腎の働きを補うという意味があります。腎虚の代表処方六味地黄丸に知母と黄柏を加えて『瀉火』の効能を強めた配合です。


双料杞菊地黄丸(720丸) 30日分
効能・効果:疲れやすくて、顔・手足がほてり、尿量減少し、または多尿で、ときに口渇がある人の次の諸症:かすみ目、疲れ目、のぼせ、頭痛、めまい、排尿困難、頻尿、むくみ
特徴:本品は、六味地黄丸に枸杞子と菊花が加えられた処方です


天王補心丹(720丸) 30日分
効能・効果:体質虚弱な人の下記の諸症:不眠、不安感、肩こり、息切れ、動悸、口渇、便秘
特徴:体力が低下ぎみで、動悸、息切れ、いらいら感、肩こり、不眠等の神経症状の改善を目的とした薬です


酸棗仁錠(96錠) 16日分
効能・効果:心身が疲れ弱って眠れない人
特徴:酸棗仁を中心とした5種類の生薬からなり、心身が疲労して眠れない不眠症の方に効果があります


参茸補血丸(10丸) 10日分
効能・効果:次の場合の滋養強壮:虚弱体質、肉体疲労、病による体力低下、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症
特徴:主薬の鹿茸に人参が加えられた処方です。虚弱体質、食欲不振などの滋養強壮に。


海馬補腎丸(520丸) 26日分
効能・効果:滋養強壮、疲労回復
特徴:滋養強壮の薬で、疲労回復に効果があります。主薬としてタツノオトシゴ、鹿茸、オオヤモリの尾、オットセイや鹿の陰茎などの動物生薬に、朝鮮人参や当帰などの植物生薬が配合されています。

これらはほんの一例です。他にもたくさんの処方があり、使うお薬はその方の体質に合わせて選びます。  メール相談をご希望の方は問診表にお入りください